「ココロノ呼吸法」のKai Takashiさん

実はプロコーチの甲斐さん

プロコーチであり、しつもん家の甲斐さんに、リラックスできるカフェで「しつもんセッション」していただきました。

気づきは、やっぱり受容されると癒され、前に進む勇気を得ること。甘やかしになると停滞するかもしれないので、程よい感覚が大切かもしれない。

子どもを抱え、1人で将来まで生計を立てていくことへの不安や恐怖感はあって当然と言われて何だかほっとした。

自分に向き合き合うことの大切さ

ふみちゃんは過去に向き合っているんじゃなくて、「自分に向き合っているんです。大切なこと。自分に向き合える人は少ない。」と言われて、ほっとした。

仕事について、何が一番やりたいのか聞かれて

 

「一番やりたいのは経営者相談」


と答えた。そう。確かにそう。カウンセラーに職種転換しようと志した時、私は経営者相談をしたいと思ったのです。

若者支援はライフワークとして細々とやって行きたい。収入の柱は企業カウンセリングやコンサルタントとしての仕事だろうと思いました。

スポンサーリンク


 

ドラッカー読書会など勉強会への参加

そしてドラッカー読書会や経営者団体の会合に参加したり、経営者のテレビや経営者というか教養のある人が知っているような、名著系番組や偉人番組を録画して見たり、働きながらカウンセラー資格を取りながら、そんな勉強を始めたのでした。

なぜ経営者相談なのかというと、企業が善くなるとそこで働く人も幸せになるからです。経営者は孤独であり、意思決定や経営の答えは経営者にありますが、「伴走者」「支え役」の効用もあると感じました。それをカウンセラーの特質を生かしてできればと思っています。

今も同じく思っていますので、ご希望の方がおいでましたら、ご連絡ください(^-^)

経営者の方のご相談受付中☆

こちらよりご連絡ください(^-^)

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/toiawase/

 

企業内相談室のカウンセラーとしての仕事(外部委託で)

 

第2点めの仕事としては、今は企業内相談室の外部委託カウンセラーの仕事の請負い契約を何社かいただいているところで、これを広めていきたいと思っています。

これも。。。企業の従業員さん達のしんどさ、コミュニケーションのボタンの掛け違いなど、紐解く助けができれば、働いている人達やそのご家族が随分幸せになると思います。

若者支援は、若者1人の人生が劇的に変わることがあり、ご家族も劇的に変化することがあります。

企業の場合は、そこまでの劇的さは少ないかもしれないけど、広く多くの人に幸せが波及するように思います。これもひとつの貢献です。

一時、自分の半生を講演で語り歩く講演講師もしたいと思ったことがありましたが、子どもひとり置いて県外出張ばかりするわけにもいかないので、全国行脚的講師はちょっと無理だな。と現実的な視点になった現在。

やっぱり「聴くこと」「問題解決」で人のお役に立ちたいと思います。

ワクワクするような大きな「夢」は。。。今はよく分かりませんが、カウンセラーとしてコツコツ進んで参ります。

会議室

カウンセラーにも「スーパーバイザー」含め、カウンセラーやコーチなどが必要。コーチにもコーチが必要。経営者や一般の方ももちろん、自分の目標達成や、あるべき姿実現。

考え方のクセがあり、生きづらい場合には、そのクセを話し合うカウンセラーやコーチが必要。欧米のように自分の心のメンテナンスが当たり前の風潮になると良いですね。

スポンサーリンク


高知市のカウンセラー山脇へのご依頼はこちら

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/toiawase/

 

 

しつもん家の甲斐さんの読書会は、こちら
↓ ↓ ↓
http://cocoro28.hateblo.jp/entry/2017/03/22/030135

自然体の甲斐さんの魅力としつもんの心地よさを体験してみませんか?