こんにちは(^-^) 四国高知で企業カウンセリング・キャリアコンサルティング・人材育成研修をしております、産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの山脇文子です。

カウンセリング・研修など山脇にメール

 

自己目標管理を応援し合うグループ(^-^)

昨日、お友達から自己目標管理を応援し合うグループを作ったら入られる方いませんか?とお誘いがあったので、即「はい!」と手を上げて入ってしまいました(^-^)

お友達のお誘い文は、こちら。

今、受講しているオンラインスクールの
1つで宿題が出されているのですが・・・

それは・・・・仲間同士で
朝、その日の活動予定を、、、
夜は、振り返りをシェアする というもの。

これ、とっても効果があります!
サクサク作業が進む!!

紙に書いて作業を進める方法も
効果がありますが・・・・
仲間同士でシェアしあうと
モチベーションが上がります!!

やる前は、「強制感が強くなって
しんどくなるかな?」と思いましたが
今のところは、まったくそんなことはなく、

自分で決めたことを自分でやる!
それを仲間に応援してもらうという
スタイルは、とても良いと実感しています。

私も、この宿題を真似して
応援しあえる仲間と
毎日の活動をシェアして
仲間同士で応援しあう!!
そんなグループをつくりたいと思いました。

グループをつくったら
参加したい人は、いますか?

参加希望の方がいらっしゃいましたら
コメント、書いて下さいね~~~(@^^)/~~~

 

FBの便利なグループ機能

投げかけてくださったお友達は、Facebookで繋がっている方で、グループもFacebookの機能のひとつです。Facebook友達は沢山でもその中で、目的に応じて情報共有したいメンバーとグループを作ることができます。

そうすると、例えば5人の方でグループを作れば、投稿したものはその5人だけにシェアされます。個別メッセージは必要ないし、関係ない人のフィードに流れてしまうこともなく便利。(公開グループに設定した場合は、その他大勢にも流れてしまいます)。

 

ちなみにグループを立ち上げてくださった方は、花咲ともみさんと言って、北海道を中心に全国的に活動されている方です。 しつもんコンサルタント&経営者~色んな方の研修講師&ヒプノセラピストとして活動されています。

ご縁を繋いでくださったのは、何年か続けていたSkypeドラッカー読書会の仲間(^-^)

 

花咲ともみさんの企業サイト

オフィスブルーム

http://mentaltraining.jp.net/

 

花咲ともみさんの公式ブログ

https://ameblo.jp/tomomi-hanasaki/

 

スポンサーリンク

 

行動定着技術に不可欠な仲間とのシェア(フィードバック)

 

実は、これは行動定着の観点からとっても理に叶った行動です。

 

永谷研一さんの「絶対に達成する技術」をご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E3%81%AB%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93-%E6%B0%B8%E8%B0%B7-%E7%A0%94%E4%B8%80/dp/4046026065/ref=sr_1_5?s=books&ie=UTF8&qid=1506208408&sr=1-5

 

永谷さんは、行動を定着させるには、PDCAサイクルではなく、PDCFAサイクル。つまり、仲間へのフィードバック。仲間からのフィードバックが重要と説かれています。

また「行動」という言葉も大事です。習慣化させるためには、希望的目標ではなく、「行動」レベルに落とし込む必要があります。

私は、最近早起きできないことと、仕事の量が増えて来て終わらないのが悩みですので、このグループで励まし合って、早起き習慣をつけたいと思いました。

15の行動リストと人生理念

毎日今日の目標をアップするのも良いのですが、ある程度ベースを決めておいた方が良いので、私は今までも使っている「わくわくリスト」という、価値観と3ヶ月目標。15の行動リストを作成して、自己目標管理を応援し合うグループにまずアップしました。

こんなのです。

 

自分の価値の重みを知るシート

15の行動リストや人生理念を作る前に、自分が何を大事にしているのかも知る必要があります。それにはこんなシートが役立ちます。

 

 

4本の柱の内、自分の優先順位はどこにあるのか?今の満足度はどうなのか?を下準備として確認します。

 

 

スポンサーリンク

 

若者はばたけプログラム

 

実は、これ。認知行動療法を活用した若者自立支援プログラムの冊子の一部です。徳島大学の境泉洋准教授(認知行動療法を活用した引きこもりの若者支援の専門家)に高知県教育委員会がお願いして作ったプログラムです。

 

こちらからダウンロードもできます。

高知県教育委員会サイト

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/310401/2015050700198.html

 

【まとめ】新たな習慣を身に付けるには、行動レベルに落とし込むことが必要。そして励まし合う仲間の存在も欠かすことができない。

 

 

高知市のカウンセラー山脇へのご依頼はこちら

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/

 

代表 山脇文子のFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/trusty7474

スポンサーリンク