高知で企業カウンセリング、個人カウンセリングのご依頼承っています。産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの山脇です(^-^)

昨日は、校友会長を務める、太平洋学園高等学校の校友会総会・懇親会でした。校友会長挨拶をさせていただきましたので、引用します。

<平成29年度 校友会総会挨拶>

 

太平洋学園高等学校校友会、そして関係者の皆様、こんにちは。貴重なお時間をお取りいただき、校友会総会にご参加いただきまして、ありがとうございます。諸先輩方のいらっしゃる中、僭越ながら挨拶をさせていただきます。

 

校友会長の山脇文子でございます。初めてお目に掛かる方もいらっしゃると存じますので、少し私の自己紹介をさせていただきます。

まずは、太平洋学園と私との関わりです。私は、平成5年に卒業。高知女子高等学校・専門学校の卒業生です。当時は、校名がまだ違い、洋裁学校でした。そして、木造のどこかの民家のような校舎でした。

生徒会はなく、当時、生徒会発足が提案され、私が初代の生徒会長を務めました。在校中に普通科を作るというお話があり、新しい校名が、「太平洋学園」に決まったことを覚えております。

 

次に私の現在の仕事です。私は、トラスティという屋号でカウンセラーをしております。一人で請負や非常勤の仕事をしております。

企業の従業員様・経営者の方の相談に乗る。個人の方の様々な相談に乗る。また、引きこもりなど若者の自立支援にも力を入れております。太平洋学園にもキャリアコンサルタントとして進路相談などで在校生に関わらせていただいております。

私の在学中に、校名の変更、そして女子高から共学へと大きな転換の時を迎えた太平洋学園高等学校ですが、今や駅前に大きな素晴らしい校舎を構え、これからの時代に大変必要な役割を担っています。現在の高知に無くてはならない学校であると存在に大きな意義を感じております。

 

早いもので、あっという間に校友会長に就任いたしまして、2年が経とうとしておりますが、休眠状態だった校友会活動は、総会と懇親会の毎年の開催が定着しようとしております。

また、新校舎である音楽棟に校友会室もできました。学校のホームページに校友会の情報発信のページも作っていただきました。

 

ですが、これで十分とはいえません。昨年に比べると総会へのご参加が少なくなってしまいました。総会へのもっと多くの卒業生の参加も願いますし、まさに活動は「これから」というところです。

私は、たまたま会長をさせていただいていますが、皆さん方一人一人が校友会の主役です。

今日お集まりいただいた皆様は継続して、そして、ぜひ来年の校友会総会には、お友達に声を掛け合って、より多くのご参加となりますようにご協力をください。また、役員としての参加も歓迎しておりますので、若い皆さんのお力をお貸しくださるようお願いいたします。

 

校友会の役割について、私はこのように思っています。人は一人では生きていくことはできません。色んな人との繋がりが大切です。

家族に良い関係を作れる人は、関係を暖める努力・互いに歩みよる努力をすれば良いと思います。家族ではそれが難しい場合は、先生方、職場の仲間、地域の人、外の世界に求めれば良いと思います。その一助になれるのが、校友会だと思っております。

 

そして地域社会に貢献する人財が一人また一人増えることによって、太平洋学園が益々地域社会・地元の企業・学校に認められるようになり、好循環が生まれることでしょう。

歴史ある校友会活動がそのようなコミュニティとなることを祈念し、私からの挨拶とさせていただきます。

平成29年6月24日


校友会総会は、高知駅前にある太平洋学園高等学校内で。懇親会は、少し移動して、サンライズホテルさんで行いました。

若い校友生も参加してくれて近況を聞かせてくれました。頑張っている姿を見て嬉しかったです。教職員の方々もご参加くださり、交流ができたことも有難かったです。

今後も校友会の繋がりが継続され、生きていくよう願います。

 

 

高知市のカウンセラー山脇へのご依頼はこちら

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/

スポンサーリンク