こんにちは(^-^) 四国高知で企業カウンセリング・キャリアコンサルティング・人材育成研修をしております、産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの山脇文子です。

カウンセリング・研修など山脇にメール

 

学校法人龍馬学園グループの幼稚園グループやまもも学園様

この春4月から、高知県では有名かつ大きな学校法人龍馬学園教育グループ様の幼稚園グループ。学校法人やまもも学園グループ様で組織内相談室の外部委託カウンセラーとして月1回定期訪問させていただいております。

桜井幼稚園

 

早いものであっというまに3か月目となりました。やまもも学園様は、

芸術学園幼稚園様

http://www.geijutsu.jp/

桜井幼稚園様

http://www.sakurai.ed.jp/

小規模保育事業 さくらんぼ園

の3園を経営する幼稚園グループです。食育にとても力を入れられていて、「食育推進室」なるものも設けていらっしゃいます。

食育推進室

http://www.sakurai.ed.jp/lunch_blog/

 

月に一度、芸術学園幼稚園様、桜井幼稚園様をカウンセリングのため、訪問させていただいています。

つまり、隔月で2園を交互に訪問しております。5月は、桜井幼稚園様、6月は、芸術学園幼稚園様、今月7月は、桜井幼稚園様という風に巡回をしております。

 

プライベートな悩みも仕事の生産性に影響を及ぼします

本日は、3名の方を面談させていただきました。カウンセリングの基本は、お一人様50分の枠でご自由にお話をいただく。

そして、話はその場限りとする。つまり守秘義務を遵守するのが基本です。他に漏れないという安心感があるからこそ、誰にも明かせなかった胸の内が空かせるということもあります。

ですが、場合によっては、職場の環境調整が必要であったり、労働条件に関する交渉であったり、ご本人が調整を望まれる場合には、職場との間に入って仲介役をすることがあります。

その場合は、当然守秘は解かれ、内容をお伝えする場合もあります。ご本人の了解を得た上でです。

 

後は、年間を通じてカウンセリングを行った所感をカウンセラーとして組織にフィードバックすることもあります。

元々企業内カウセリングは欧米からやってきました。欧米ではEAP(Employee Assistance Program)といって従業員を支援するためのプログラムをが盛んです。

アメリカで発展し、日本では1980年代後半に浸透し始めましたが、最近では、健康を重視する社会の流れもあり、組織的なメンタルヘルス対策、健康増進の分野でEAPの導入が進んできています。

職場の悩みや問題だけでなく、家庭問題や依存症など、プライベートな問題も労働生産性に影響を及ぼすということで、企業側でケアをし、従業員の生産性低下や、心身の不調による離職や休職を未然に防ぐ意味でも大事な取り組みです。

 

カウンセリング予約について

さて、私はこの4月から3社の企業様に年間契約で企業内相談室の外部委託カウンセラリングを請け負っています。

月額固定料金制で月に1回半日企業様を訪問させていただくスタイルをとっておりますが、ここで問題になるのが「予約」です。

通常は、訪問日に予約が入っていれば面談を行う。予約がなければ、面談はなしで場合によっては、人事担当者との懇談に利用する。というのがスタンダードですし、私の想定でした。

しかし、大半の職員の方が何かしら悩みを抱え、話せばすっきりする。場合によっては、鬱や心身不調など苦しさを抱えているけれども、、、、周りの人には知られたくない。という意識が働いて、手が上がりにくいのです。

都会では、企業内相談室に常勤のカウンセラーがいるのは、大手の企業では当たり前。つまり、、、、内部の人間に堂々と社内で堂々と相談に行く訳です。

しかし、この高知。

そこまでの雰囲気には至っていません。よって、契約を結んだ企業様の選ばれた方式は、これです。

希望者を募り、その方を優先予約とする。予約希望者が居なかった場合には、事務局が順番に指名し、ランダムにカウンセリングを行う。

もうひとつの方式は、同じく希望者を募りながらも、新入職員の方とか、各所属長に気になる方をピックアップしていただいて、総務から面談予約を促す。という方法です。

結局この方式で、訪問時間はフル稼働で面談をさせていただいています。企業側も面談者がいない月が多いようでは、継続がしづらいでしょうし、恥かしがり屋の日本人には適している方法かもしれません。

 

もちろん、中には自らカウンセリング希望を手を上げて下さる方もしっかりいらして、良い滑り出しです(^-^)

 

カウンセリング通信は、自律神経と呼吸法について

とは言っても、理想を言えば、悩んで苦しい今相談したい!という方に手を上げていただくこと。

 

そのためには、まずは、カウンセリングを受けられるんだ。ということを知ってもらうことです。そして、人は忘れてしまうので、繰り返しそれを投げかけることです。

ということで、カウンセリングを委託していただいた企業様には、カウンセリング通信を発行しています。

毎月は、発行できないかもしれないので「不定期」としていますが、今のところ4月から毎月発行できています(^-^)

 

今月号は、こちら

文章も引用しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校法人やまもも学園
カウンセラー通信

2017年7月号

産業カウンセラー・キャリアコンサルタント 山脇文子
【自律神経と呼吸法】

自律神経失調症と言いますが、この「自律神経」とはいっ たい何なのでしょうか?人間の体には「体性神経」と「自律 神経」という2つの神経があります。

「体性神経」とは、自分の意思などで働く神経です。 そして「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく働く神 経の総称です。心臓や内臓を動かす。血圧や体温の調節。食 べ物の消化。血管・瞳孔・汗腺の機能の調整など。

このように生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。

この「自律神 経」はさらに「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けることができます。 「交感神経」とは、活動する神経と言われていて、以下のような働きがあります。呼吸や心臓の動きが速 くなる。血管の収縮。

血圧の上昇。胃腸の働きを抑制する。子宮の収縮など、緊張状態が高まります。 「副交感神経」とは、休む神経と言われていて、以下のような働きがあります。

呼吸や心臓の動きが遅くなる。血管が広がる。血圧が下がる。胃腸の働きを活発にするなど。副交感神経優 位になると、ストレスが軽くなり、リラックスできます。

【副交感神経を優位にさせストレスを軽減する「腹式呼吸」 】

①ゆったりと座って、お腹に手を当てましょう。

②口をすぼめて「すーっ」っと細く長く息を吐きながら、お腹を引っ込めます。

③吸う時は、鼻から吸います。吸う時にお腹を膨らませます。

ポイントは、②「吐く息」に意識を集中させることです。後は自然とできます。

お腹周辺の筋肉や内臓も動くので健康に良いこと間違いなしです☆ぜひ毎日の生活に取り入れてください ね(^-^) 夜寝る時お布団の中で。朝起きた時。車で移動中など気が付いた時で結構です。

☆今後のカウンセリング日は?:

8 月 〇日(〇)〇 時~〇 時 芸術学園幼稚園

9 月 〇 日(〇)〇 時~〇 時 桜井幼稚園

☆申し込み方法は?: カウンセリングをご希望の方は、事務局、園長先生など管理職に お申し出ください。希望者がいない場合には、事務局が順次カウン セリングを受ける方を決めていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用終わり

 

【まとめ】企業内相談室への相談促進には、カウンセリング通信や研修など職員の皆様に「親しみ」を持ってもらうこと。申込み方法の繰り返しの周知などが必要!

 

 

高知市のカウンセラー山脇へのご依頼はこちら

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/

スポンサーリンク

 

<関連記事>

初めてのカウンセラー通信の目的、書き方、ポイントは?

学校法人龍馬学園教育グループの幼稚園グループ☆学校法人やまもも学園様に外部委託カウンセラーとしてご契約いただきました。