私は人に恵まれている。昨夜はほんの3ヶ月ほど前に知り合った経営者の方が、「ストレスチェック後の対応の話などになった時は、私のことを話してくれている」と言ってくださった。それどころか、「年末は会が多いから名刺を預かって営業させていただきましょうか?」という主旨を申し出てくださった。まだ2回しかお目に掛かったことがないのに、感謝に堪えない。

10数年の職業訓練校など講師と就労支援経験の後、カウンセラーとして独立して3年経った10ヶ月ほど前から急に、企業での請負契約中心に転換を図り始めた私。それまで公的機関の非常勤勤務中心でした。転換を図り始めると、何人もの親しい先輩がリーフレット作ったら営業しちゃおき。などと営業を買って出てくれたりした。中には、経営者と会う席を設けてくれて、契約の話まで一緒に進めてくださった方もいた。

企業などカウンセラー顧問契約の増加

カウンセラー顧問リーフレット

お蔭様で現在までに顧問カウンセラーとしてご契約いただいた組織は6社。総従業員数は700名を超えた。もちろんニーズがたまたまあった組織もあるが、やっぱり人との繋がりの大切さを感じる。

そもそも私のリーフレット自体が勉強会仲間が勉強会の場で、こんな風に作ったら良い。こんな内容を盛り込んでと、意見を出し合ってくれて生まれた発想を翌日Wordで自分が形にしたもので、勉強会仲間がいなかったらこのリーフレットもできていない。

経営者団体の会合などに招待してくださり、色んな方を紹介してくれた経営者の方も何人かおいでる。

これまで、自分の気持ちがしんどい時には、友人や先輩が何人も多大な時間を割いて支えてくれた。その真似は自分では到底できないのではないかと思うくらいの労力をもって支えてくれた。その恩をご本人に返すことはもちろん、違う形で誰かのために返すことができたらと思う。

企業や組織が善くなるとその波及効果(影響する人数)は大きい

カウンセラーに転向して4年目。最初は公的機関の非常勤で1~2年の臨床経験を積んで、企業カウンセラー・コンサルタントに転向するつもりだった。

カウンセラーは、人生をかけてやりたいこと。若者支援にも強い思いがある。そもそもカウンセラーになった理由は若者支援がしたかったからだから。

でも、自分一人で子供を一人前にして、身を立てるためには、企業コンサルタントになるしかないと、子供が4歳になったばかり、二人きりで再起を図るときに決めた。それに企業が良くなるとそこで働く人大勢が幸せになる。その家族にもその幸せは影響する。効果が大きいと思った。若者支援で一人の若者に深く関わるのも良い。企業で組織全体を善くしていくことに関与できると大勢の幸せに寄与できる。

『経営コンサル』は無理だけど『人材育成コンサル』なら頑張ればなれるんじゃないかと思った。でも全然そんな実力も経験も知識もなかった(笑)

最初は会計はできるが、まず経営者と何を話したら良いかも、経営もよく分からないので、休日返上でカウンセラー養成講座に1年通いながら、経営書をいっぱい読んだり、マネジメントの勉強会参加も並行した。カウンセラーとしては少し変わってると思う。

 


申し遅れました。四国高知の人と心のコンサルティング「トラスティ」代表で産業カウンセラー・国家資格キャリアコンサルタントの山脇です。人や心の問題でお困りの経営者・人事労務担当者の皆様、お気軽にご相談ください。

カウンセリング・研修など山脇にメールする

 

ちょっとキャリアチェンジが遅れた

なのに40代に差し掛かった一番正念場とも言えるこの時に、ついつい呑気にし過ぎてしまい、自営業者として勝負を掛ける時が遅れてしまった。

ボランティア活動や人との交流やPTA活動、友人や先輩の夢の応援とか、「今事業家としてしなければならないこと」より、「やりたいこと」「楽しい事」や「母として」の方にすっかり力が傾いてしまっていて、そういうことも大事なのだが、バランスが悪かった(^-^;

そんな訳で42歳になった時、カウンセラー転向3年目の終わりにやっとホームページを作り、企業カウンセラー・コンサルタントとして営業を始めた。

これまでも企業カウンセリング依頼や研修依頼がなかったわけではないが、完全な受け身で、先方がメンタル問題で困っているなど、強いご依頼があった時のみ対応していて、自分から請負い業務の話を持ち掛けたことが一度もなかったのです(^-^;

営業はとても苦手。緊張してしまって普段の自分が出せない。そもそもカウンセラーって営業する仕事じゃない気がする(笑)

 




シングルマザーのキャリア形成

カウンセラーに転向した時から4年掛けて少しずつ企業領域に転換を図って来なかったことを大変後悔したし、ボランティアや人の応援に熱心だったことも、「私シングルマザーで大黒柱やのに何を呑気にしよったがやろう。他の同じ状況の人はもっと髪を振り乱してくらいの勢いで働きゆうのに」と反省を沢山した。

でも、、、、今、ボランティアやPTA活動、友人や先輩の応援をしたりした時の人の繋がりで、仕事のご依頼をいただいたり、その繋がりから発展した繋がりの方が営業を買って出てくださったり

感謝と共にご紹介の信頼を裏切ってはならないので、しっかりとした仕事をと身が引き締まる思いです。

また、PTA活動を通じた繋がりで子どもを預かってもらえて、県外に勉強に気軽に行けるようになったり、その時のご縁に助けられている。

私は実家がめちゃくちゃな家庭だった。いわゆる酷い虐待を受けて育ったため、義務教育もろくに受けていないし、転校は小学だけで5校。1年毎に学校が違った。そんな私が国立大学でキャリアの授業を担当したり、県立大生のエントリーシートの添削や文章指導をしているのも我ながら延びしろがある気がする。

話はそれたが、まあここには書けないような不幸?フルコースな家庭だったから身寄りがないに等しい(だから若者支援に熱いのだ)。

経済的支援はもちろん、子供を預かってくれる身内もいない。そんな中、本当に人との縁に助けられている。

それと自分の努力も。あちこち人に会ったり、自分のしたいことを言ったり、ここ1年近くがむしゃらに動いた。と言っても、日常の仕事と育児などしながらなので、そんなに沢山発信はできていない。でも、発信したことは、その時空振りに終わったと。しょんぼりしても、後にほとんど実になっている。

人生ってほんと無駄ってないんだなぁ。努力と人との縁って大切と、キャリア理論に思いを馳せる。皆さん、本当にありがとうございます(^-^)

 

お問合せは、お気軽にお問合せフォーム。または、facebookページ。お電話で。

 

カウンセリング・研修など山脇にメールする

 

人と心のコンサルティングトラスティホームページ

代表 山脇文子個人facebookページ

人と心のコンサルティングトラスティ メンタル対策facebookページ

人と心のコンサルティングトラスティ キャリア開発・人材育成facebookページ