こんにちは(^-^) 高知市の産業カウンセラー山脇文子です。企業外部委託カウンセラーや個人カウンセリングを承っております。

さて、今日は「子育て・家事」カテゴリへの投稿なのでお仕事関係なしです(笑)

わらびとは

このような日当たりのよい土地に自生する山菜の代表で、食用部位は茎です。巻き込んだ新葉もいかにも蕨という見た目がするので、私は捨てずに調理します。高知県でもよく食べられる山菜です。

採取した時に切り口に灰を付けると固くなりにくいと言われますが、そこまでしなくても大丈夫。見つけたらできるだけ長く、でも「ぽきっと」折れる部位までで折り、採取します。
スポンサーリンク



あく抜きと下茹で

灰であく抜きする方法もありますが、そもそも灰が手に入りにくいので、普通重曹(炭酸)でOK。

鍋に重曹を小さじ1杯入れ、蕨をぐるっと巻き込むように入れ、そこに熱湯を注ぎ蓋をし、一晩程度おきます。

水を捨て洗い流し、再度熱湯を注ぎ、鍋に蓋をして放置。これであく抜きと下茹での完了。私流の簡単な方法です。

前回、子どもが自然体験で採取して来た時には、意気揚々と料理してあげると言っておきながら、茹ですぎて溶けてしまい、捨てる羽目になってしまいましたので、失敗から学んだ方法です。

ポイント!!茹ですぎない。お湯に浸けるだけでOK!!

お湯が冷めたら捨て、水を鍋いっぱいに入れ、あく抜きを更にします。2~3回お水を替えて、1~2時間さらせばOK。

 

私も愛用している山菜の本です(^-^)

ひと目でわかる! おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方

 

調理方法

鍋に3~4cm程度に切った蕨を投入し、ひたひたになるくらい水を注ぐ。みりん大さじ1。三温糖大さじ1。薄口しょうゆ大さじ2杯。白だし大さじ1杯。を入れ、軽くひと煮立ちさせたら、ふたをして放置。

これで蕨の煮物の出来上がり。このまま食べてもOK。ぬめりがあり美味しいです。

 

山菜おこわの作り方

 

もち米と米を1合ずつ洗って30分~1時間置く。蕨の煮汁を加えて炊飯器の2合の規定量までお水を入れる。濃いめの味が好きなら薄口醤油をもう人さじほど足しましょう。

 

油揚げを刻んで投入し、炊飯スイッチぽん。炊き上がったら、煮ておいた蕨をトッピングして混ぜて、お茶碗にほっこり盛りましょう。

劇的美味しかったです(^-^)

 

芸西天文学習館

実は、この日はGW初日だったのですが、カウンセリング外部委託の顧問契約をしている企業の従業員さんから個人的にカウンセリング予約が入り、朝カウンセリングを実施。

 

午後3時~家を出て、1時間以上かかる芸西村の天文観測所へ。

子どもが学校でもらってきたレジャーやお教室のチラシ「わいわいクジラ」に載っていた、無料の天体教室、プラネタリウム、天体観測が楽しめるイベント。

何と16時開始の夜21時まで(^-^;

カウンセラーママハードなり☆

 

スポンサーリンク



 

コメットハンター関勉さん

こちらの芸西天文学習館。世界的にも有名なくらいだそうです。その理由は、関勉さんという天文学者さんが数えきれない程の星を発見したからだそう。

その軌跡は、コメットハンターという漫画にもなっているそうです。作者ははだしのゲンを書いた方と同じ方だそうです。

一番の大発見は、「イケヤ・セキ彗星」と呼ばれる彗星で、その尻尾?の大きさで20世紀最大の発見と言われているとか。

 

無料天文教室

このような眺望の山の上に天文観測所がありました。親子が沢山参加していて、子ども同士すぐ仲良くなって楽しんでくれているのを見ると、疲れても行って良かったな。と感じました。

 

子育ては親育てですね。一緒に育っています。

 

カウンセリングでは、時に子育てのお悩みをお受けすることもあります。子育て経験者だからこそ分かることってありますよね☆

 

【今日のまとめ】蕨のあく抜き、調理は茹ですぎないのがポイント熱湯かけて蓋すれば加熱はOK!
高知市のカウンセラー山脇へのご依頼はこちら

↓ ↓ ↓

http://hitokokoro.com/

 

スポンサーリンク