カウンセラーレター【書き方】

カウンセラーレター【書き方】

 

こんにちは(^-^) 高知市の産業カウンセラー山脇文子です。企業内相談室の外部委託カウンセラーや個人相談など承っております。

 

カウンセラーレター【書き方】

企業内相談室の外部委託カウンセラーの仕事を始めました

この2017年4月から200人規模の組織である、社会福祉法人高知市社会福祉協議会様が企業内相談室を設置されました。

ストレスチェック制度義務化により、昨年よりストレスチェックは実施されていらっしゃいますが、それに伴い、従業員さんが気軽に相談できる窓口を設けられることになりました。

 

厚生労働省の指針でも推奨される心理職による相談窓口の設置

厚生労働省が指針にて推奨されていることでもあり、職員の皆様を大切にするお気持ちの表れた素晴らしい対応です。

そこで私、山脇に外部委託カウンセラーとしてのご依頼をいただきました。過去に職員の皆様の本音聴き取り調査的なカウンセリングを担当させていただきたこともあり、馴染みある職員の皆様のお役に立てること嬉しく思いました。

 

初めてのカウンセラー通信の目的は?

さて、、、、窓口を設置して広報をしても、なかなか「相談の申込みをしょう!」とはすぐならないのが一般的な日本の企業ではないでしょうか(苦笑)

本来メンタルヘルスの相談に行くということは、企業にとっては「良い事」なんです。悩みを抱えて生産性が下がれば、組織の損失。離職されてしまえば、それまでの採用コスト、育成コスト、再度の採用のコストなど大々損失です。

それが従業員自らお悩み相談に出向いて来てくれて、解決のための一歩を踏み出してくれるなんて「優良社員」に他ならないです。

 

 

しかし心理相談のハードルは高い

ということで、親しんでもらえるように顔写真をトップに配置。似顔絵でも良いでしょうが、絵が下手なので(^-^)

企業への売りは、「産業カウンセラー」「メンタルヘルスの保持増進」ですが、従業員さんへの売りとしては、「キャリアコンサルタント」「キャリアコンサルティング」を半分くらいのボリュームに。

こうすることによって、「相談に行っている」=「メンタル不調」という図式にならず、「あの人はキャリア形成を考えたりスキルアップの相談に行っている意欲的な人なんだな」と思われる可能性を配慮として入れました。

これでぐっとハードルが下がるのではないでしょうか。以上、自分がポイントとして考えたことです。以下に実際配布していただいたカウンセラー通信の画像と、画像の下に全文面を添えます。

 

 

社会福祉法人 高知市社会福祉協議会
カウンセラー通信

2017年4月号

【カウンセリングお申込みは 〇〇課まで】

新しいスタートの4月となりました。新しく入職された職員の皆様もいらっしゃることと思います。ご入職おめでとうございます(^-^)

桜も咲きほころび、おめでたい雰囲気の増すこの4月より、職員の皆様のカウセリングを担当させていただくことになりましたカウンセラーの山脇文子です。

平成26年には、キャリア診断という職員意識調査の個人面談を担当させていただいたりしましたので、中にはゆっくりお話しをさせていただいた方もいらっしゃると思います。初めましての方もそうでない方もどうぞ、よろしくお願いいたします。

安心して気軽にご相談いただくためにも、簡単に自己紹介をさせていただきます。まずはカウンセリング資格から。「産業カウンセラー」と「キャリアコンサルタント」という2つの資格を持っています。

産業カウンセラー資格は60年近く前に設立された、社団法人産業カウンセラー協会主催の資格です。「産業」のイメージそのまま「働く人のカウンセリング」です。

日本では古くは大手企業の福利厚生としてカウセリングが発展してきました。欧米では従業員の方が仕事に集中できるよう、職場の人間関係だけではなく、家庭や個人の様々な問題まで積極的に支援を行うのが当たり前です。

日本も50人以上の事業所では、ストレスチェック制度が義務化され、徐々にその兆しが見えてきました。

カウンセリングを受ける=不調者?と思わず、お気軽にご相談ください。

2つ目のキャリアコンサルタント資格は、昨年「国家資格」になりました。キャリアとは、仕事、プライベートを含めた人生の軌跡。就職支援をすることもありますが、在職の方のこれからの職業人生をどうしていきたいのか?というご相談に乗ることも仕事です。

国は、日本国民全員にキャリアコンサルティングを受ける機会をと普及に努めています。

ご自身の「これから」を考えたい。 というご相談も歓迎です。

「お悩みほうっちょけん!」

最後になりましたが、私の職歴を。25歳まで一般事務職。25歳からパソコン・簿記講師に転職。職業訓練校講師を経て39歳でカウンセラーに転向し4年目です。小学生の娘がいます。月に1度のカウンセリング訪問時含め、見かけたらお気軽にお声掛けください(^-^)

 

【今日のまとめ】メンタルヘルス問題による離職やパフォーマンスの低下は、組織の大損失。進んで相談を受ける職員は組織にとって良い行動をしている職員です。

 

 

 

 

 

改めまして、こんにちは(^-^)

「キャリアカウンセリングを通じて笑顔花咲く未来を創る」

をモットーに活動している、四国、高知県の山脇文子です。個人~企業まで、コンサルタント・研修やセミナーの講師として出逢った方々が笑顔になるお手伝いをしています。

 

 

【LINE公式アカウント】

セミナーお申込み・キャリアカウンセリング・実技指導等のお申込みにご利用いただけます。ブログ更新・カウンセリングやセミナー情報も配信いたします。

皆様からのメッセージは、1対1のやり取りになり、私にしか送信されませんのでご安心くださいね。心配な場合は、最初に「初めまして」のご挨拶でも送ってみてください。

 

以下のボタンをクリックすると、フォローしていただけます🌸

友だち追加

 

 

LINE以外でのご連絡は、下記からご連絡ください。


対象は個人~企業まで幅広く。キャリアカウンセリングや組織作り研修、健康経営推進の支援、夢の実現に向けてのご相談、メンタルヘルス不調やお悩みのご相談など総合的にご依頼を承っております。

【メールでのご連絡先】

入力フォームからのご連絡

 

【HP・SNS・Youtubeなど】

Twitter

Youtube

Instagram

Facebook

人と心のコンサルティング「トラスティ」ホームページ

 

※SNSのメッセージ機能でもお申込みやお問い合わせを受け付けています。

※Facebookは基本的にリアルにお会いした方のみお友達申請を承認しています。それに準ずるような、面談をご希望される方。セミナーご参加の方なども承認しております。それ以外の方は「フォロー」いただけると幸いです。

 

 

 

■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ 

【面談料金】

キャリアコンサルティング・カウンセリング・コーチング・魔法の質問イラストカードセッション

国家資格など実技ロープレ指導(国家資格キャリアコンサルタント・2級キャリアコンサルティング技能士

90分まで   16,000円

ZOOMオンライン(ご希望により電話)で全国対応。対面は高知県高知市内のみ。

 

継続キャリアコンサルティング・カウンセリング・コーチング(メッセージフォロー付き)

3か月コース(面談1時間×最大6回まで )150,000円

6か月コースA(面談1時間×最大6回まで)180,000円

6か月コースB(面談1時間×最大12回まで)270,000円


期間中、メールやメッセージご相談が随時可能です。分割払い可能。

 

メール・メッセージ相談単発

2往復  16,000円

いただくメール文字数の合計は2,000文字以内。例:1往復目1,500文字以内。2往復目500文字以内。=2,000文字以内。

 

経営者相談

【単発】

90分~120分 30,000円

従業員の方がいる場合。おひとりだけの自営の方は一般の方と同料金。

継続相談の場合は、メッセージフォロー付き経営者キャリアコンサルティングや顧問コンサルタント契約のご提案をさせていただきます。

※初回相談の上、法人と顧問契約やコンサルティング契約をさせいただいた場合は、初回相談料は無料になります。

 

【継続相談】

6か月コースB(面談1時間×最大12回まで)330,000円

期間中、メールやメッセージご相談が随時可能です。

 

※上記は経営者個人の方の仕事上および個人的なお悩みの改善や目標達成を支援するものです。経営されている企業の諸問題改善や採用や定着支援・パワハラ対策・メンタルや能力開発などの仕組み化や対処法の支援については、別途顧問契約でお見積りをさせていただきます。

 

ZOOMオンライン(ご希望により電話)で全国対応。対面は高知県高知市内のみ。

お申込みお問合せは、後述の公式LINEにご登録いただき、メッセージいただくか、その他・HPのメールフォーム・SNSなどからメッセージでお申込みください。

 

■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□