学校の宿題を忘れると連帯責任でクラス全員に罰を与える先生

学校の宿題を忘れると連帯責任でクラス全員に罰を与える先生

お子さんが宿題を忘れて、先生から連帯責任を負わされたことってありませんか?今日は、そんなテーマです。

 

こんにちは^^

高知のキャリアコンサルタント山脇文子です。

 

宿題と連帯責任

宿題やって来ない生徒がいると、クラス全員の宿題増やしたり、罰を与える先生がいます。これはほんとにダメだと思っています。

私は、連帯責任自体が好きではありませんが、特にこの事例の場合、連帯責任にする意味が全くありません。

 

ギリギリ連帯責任が成り立つとしたら(それでも私は嫌いですが)、仲間内で悪いことをしているのを止めれるのに、止めなかった。という場合ではないでしょうか。

この場合でも、知っていても怖くて止められなかった子を罰するのはいかがかと思います。

 

宿題の場合は、どうでしょうか?クラスの全員の生徒は、その子が宿題をして来ないということが分かるのでしょうか?

何とかできるのでしょうか?不可抗力ではないでしょうか?

 

また、何とかできるとしたら、それは本来先生の仕事であって、生徒の仕事ではないはずです。ご自身の仕事の押し付けではないでしょうか?

そういう観点から連帯責任は、私は意味がなく合理的でない。と思っています。

 

 

不登校やいじめの原因に

次に逆効果になる点について。

 

私は、高校でカウンセリングをしています。キャリアコンサルタントとして、進路相談に乗っているのですが、私が勤務する高校は、元不登校の生徒が非常に多い学校です。

多様な学びを支援する学校として、力を入れているからです。

 

教科書

 

進路相談は、進路の話だけしていればいい訳ではなく、生い立ちに困難があって傷が言えていなければ、進路先の人間関係が上手くいきませんし、引きずっていて、メンタル不調を抱えていれば、就活さえ困難です。

そこで、辛かった過去など話してくれる場合は、それも聴きます。

 

その際、時々あるのが、この問題です。

不登校になった原因が、宿題がどうしてもできなくて、先生から連帯責任が命じられ、宿題を増やすなどクラス全員に罰を与えるので、クラスメイトからずっと責められ、学校に行けなくなった。というお話。

 

本当に残念です。

宿題やったら良いだけじゃないか?と思う方もいますが、子どもには様々な子がいます。

 

障害でできない子もいるし、児童虐待を受けたり、家庭環境がメチャクチャで生活習慣すら整っていない。食事もままらなないような子もいるんです。宿題どころでない子も。

 

学習障害(LD)の問題

学習障害のお子さんだっています。参考リンクは以下。

学習障害とは(厚生労働省)

 

読み書きが障害でできないお子さんもいる訳です。

 

と私が言うと、こういう反論をされたことがあります。

 

「学習障害」と認定されて親も認めているならそれなりに対応を取ります。その子の宿題をできる範囲、量にするとか。

そういう子でも、嫌だからしなくていい、事が良い訳ではなく、嫌だけどやってみることが大事なのかな、と。学校はそういう教育です。連帯責任にも先生の「目的」があるはずなのです。

 

これは、一見正論そうに見えますが、間違いです。

 

以前より改善されてますが、教育現場において、障害認定されても適切な対応をしない先生は、沢山います。

良い先生ももちろんいますが、日本の教育現場の現状は、まだ遅れており、特別支援の教員が特性を理解せず、生徒を怒りまくる先生がいたりするのもよくある話です。

 

クラス全体の連帯責任は、私は賛同しかねます。

 

また、「障害認定されていれば、対応してもらえる」と言われる部分も大いに問題で、親が障害を受容できず、学習障害や発達障害の診断が受けられず、

「普通」であり続けることに固執するあまり、適切なケアが受けられないまま、不登校になり、長期間にわたって大人になっても引きこもりになるという事例は、本当に沢山目の当たりにします。

 

宿題

 

引きこもりの若者の支援をしていると、本当にその犠牲になっている若者が多いことが残念でなりません。

その捉え方では、グレーゾーンの子。障害が明らかにあるけれども、親が受容しないがために、適切なケアを受けられない子は守られません。

 

また、そもそも連帯責任をおわせる先生は、学習障害の子にも適切な対応をしてくれない可能性は大です。資質に問題があると思われますので。

以上のことから、宿題の連帯責任には反対です。

 

今日、これはTwitterでの投稿にヒントを得て、ブログに直したものですが、サッカー選手の本田圭祐選手が、ツイッターで

「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う。あのやってない奴があかんみたいな空気が辛すぎる。」

 

って、呟かれたんですね。それに対して、私が

「そうなの。『嫌ならやらんで良い』は、極論だと思うけど、時々、 『連帯責任』で、 宿題やって来ない生徒がいると、クラス全員の宿題増やすとか罰を与える先生がいて、これはほんとにダメ。 それがいじめや不登校に繋がるし、学習障害の子にとって、ほんといやがらせです。理解して欲しい。」

って、コメントを付けて、リツイートしたんです。

 

そしたら、なんと!

103万人ものフォロワーがいらっしゃる本田選手から、「いいね❤」が!

 

今朝、本当におったまげました!(・。・)

見られているんですね。たまたまだと思いますが🌸嬉しい驚きでした。

 

 

驚いた瞬間にすかさずしたスクショ^^

特にファンという訳ではないのですが、ストイックな姿勢は好きであり、嬉しかったです。

 

まとめ

宿題の連帯責任は、百害あって一利なしとカウンセラーとしては、思っています。

 

それではまた^^

 

改めまして、こんにちは(^-^)

「カウンセリングを通じて笑顔花咲く未来を創る」

をモットーに活動している、四国、高知県の山脇文子です。カウンセリングや講師として、出逢った方々が笑顔になるお手伝いをしています。

「コロナに負けないで」キャンペーンを実施中。キャリアカウンセリング料金を5月末まで割引してご提供🌸

■□■□■□■□■□■□■□

オンラインカウンセリング。ZOOMやLINE・メッセンジャービデオ通話など。
  

特別価格!

 
🌸60分 6,000円
 
通常価格より断然お得!
 
【通常料金】 60分 11,000円
 
■□■□■□■□■□■□■□
 
【カウンセラーの資格】
 🍀産業カウンセラー
 🍀国家資格キャリアコンサルタント
 🍀キャリアコンサルティング技能士
  (国家資格より上位資格)
 🍀東京商工会議所認証
  健康経営エキスパートアドバイザー
 🍀(病気の治療と仕事の)両立支援アドバイザー
 🍀魔法の質問イラストカードマスター
 
お客様の声はこちら→☆

※対面のカウンセリングは通常価格です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 


現在、私が開催予定のセミナーはありません。

■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□

オンラインビデオ通話による開催を企画中です。

LINE登録をしていただくと、ご案内します。ぜひLINEにご登録ください🌸

ブログでもご案内いたします。

■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□

 

【LINE公式アカウント】
セミナーお申込みや個人カウンセリングのお申込みにご利用いただけます。ブログ更新・カウンセリングやセミナー情報も配信いたします。

皆様からのメッセージは、私にしか送信されませんのでご安心くださいね。心配な場合は、最初に「初めまして」のご挨拶でも送ってみてください。

 

以下のボタンをクリックすると、フォローしていただけます🌸

友だち追加

もしくは、ID検索でも繋がれます🌸
ID検索 → @282nazjc

 

最近、Twitter でもよく呟いています。良かったらご覧ください^^

キャリアカウンセラー山脇文子Twitter

 

LINE以外でのご連絡は、下記からご連絡ください。キャリアカウンセリングや組織作り、夢の実現に向けてのご相談のご依頼などを承っております。

FBメッセンジャーでのご連絡

入力フォームからのご連絡

人と心のコンサルティング「トラスティ」ホームページ